ホームライフイベント就職・退職届出・手続
最終更新日:2017年08月18日
町民生活課国保年金係

国民健康保険

対象者(被保険者)となる人

 職場などの健康保険に加入している方や生活保護を受けている方を除き、すべて国民健康保険に加入することになっています。
 国民健康保険の加入は世帯ごととなります。世帯主本人が職場の健康保険などに加入していて 国保ではない場合でも、世帯内に国保加入者がいるときは、国保税の納付義務は世帯主になります。

猪苗代町国民健康保険の給付(平成29年4月現在)

イラスト

【医療給付】
・一般被保険者---医療費の7割
・乳幼児と児童---医療費の10割(満18歳の3/31まで)
・退職被保険者---医療費の7割
・高齢受給者----医療費の8割又は9割(一定以上所得者は7割)
 ※平成26年4月1日から国民健康保険制度改正により、70歳から74歳の人の窓口負担割合が見直されることになりました。
   昭和19年4月2日以降生まれの人は、70歳の誕生日の翌月(1日生まれの人はその月)から窓口負担が2割になります。
  ただし、昭和19年4月1日以前生まれの人は、引き続き特例措置により1割負担に据え置かれます。
  なお、一定以上所得者は、これまでどおり3割負担です。
【出産育児一時金】
・一児の出産につき40万4千円支給(産科医療補償制度に該当する場合には、1万6千円が上乗せ支給されます。)
出産育児一時金支給申請書
【葬祭費】
・一件につき5万円
葬祭費支給申請書
【移送費】
・緊急時やむを得ず、重病人の入院や転院などの移送に費用がかかったとき、申請して保険者が必要と認めた場合に支給されます。
【第三者行為】
・交通事故、ケンカなどの傷害事件、他人の飼い犬にかまれたなど、第三者から傷害を受けた場合には、第三者行為による被害の状況を届け出なければなりません。この届出を行うことにより、国民健康保険を使った治療を受けることができます。
第三者の行為による被害届
同意書
事故発生状況報告書
人身事故証明書入手不能理由書
【療養費】
・補装具(コルセット等)や柔道整復師の施術などの代金の7割(高齢受給者は8割又は9割)を現金給付
療養費支給申請書
【高額療養費】
・同一月の医療機関等での一部負担金が一定額を超える場合、世帯などの所得状況に応じてその超過分が申請により現金給付されます。町では該当される世帯主の方へ申請の案内通知を出していますので忘れずに申請してください。また、限度額の詳細は下記の厚生労働省ホームページをご覧ください。
高額療養費支給申請書
【高額介護合算療養費】
高額医療・高額介護合算制度とは、毎年8月から翌年7月までにかかった医療保険の自己負担額と介護保険の利用者負担額の1年間の合計額が高額になった場合に、一定の金額(限度額)を超えた分が払い戻される制度です。


こんな時に手続きを

 加入する時や脱退する時は速やかに手続きをし、異動届を提出してください。

国民健康保険への手続き


平成29年度の国保税率

 平成29年度の猪苗代町国民健康保険が負担する医療費などをまかなうために課税する国民健康保険税の税率は、次のように決まりました。(平成28年度と同率です。)
 納期は、7月末から来年2月末までの8期です。忘れずに納入しましょう!
 納め忘れのない「口座振替」が便利です。手続きはご利用の金融機関で納付書・預金通帳・届出印を持参し「口座振替依頼書」に記入するだけです。ぜひご利用ください。

所得割率資産割率均等割率平等割率
医療分 5.85% 14.00%20,700円17,400円
後期高齢者支援分 2.19% 3.00% 8,200円 6,700円
介護納付金分 2.12% 3.00% 10,700円 6,000円
お問い合せ:町民生活課国保年金係 電話0242-62-2114
もどる