ホーム事業者の方へ産業振興農林水産業
最終更新日:2022年08月10日
猪苗代町農業委員会

農地パトロールについて

農業委員会では、「農地利用の確認」、「遊休農地の実態把握と発生防止」、「違反転用の防止・早期発見」 を目的として、農地パトロールを実施します。

P1040472(品質70%) .JPG

 農業委員会は農地の公的管理主体として、食料の生産基盤である優良農地の確保と有効利用の促進を図っていくことが求められています。 このため、農地パトロールを実施し、
遊休農地及び違反転用等の実態把握を行います。

遊休農地とは

 (1)過去1年以上にわたって耕作されておらず、今後も農地の維持管理(草刈り・耕起等)や農作物の栽培が行われないと見込まれる農地

 (2)周辺農地と比べ、農業上の利用の程度が著しく劣っていると認められる農地

いつ誰がおこなうの

 本年度は、8月下旬及び11月上旬に実施します。

 地区の農業委員と農地利用最適化推進委員、農業委員会事務局職員が、上記実施期間に各地区を巡回し調査します。

 実施期間中は、公用車に「農地パトロール実施中」のマグネットを貼り、農業委員会の緑色の帽子と腕章を着用して行います。

 調査のため、農地等へ立ち入ることや話を伺う場合がありますので、ご理解とご協力をお願いします。

農地を所有している方へ

  改正農地法が施行され、「農地について、所有権又は賃借権その他の使用及び収益を目的とする権利を有する者は、当該

 農地の農業上の適正かつ効率的な利用を確保するようにしなければならない」と、農地の権利を有する者の責務規定が設け

 られました(農地法第2条の2)。

  農地の適正な管理を怠ると、雑草の繁茂等により有害鳥獣や病害虫の温床になったり、ゴミの不法投棄や火災発生の原因

 になるなど、近隣の農地や周辺住民の生活環境に、大きな支障をきたす可能性があります。除草や病害虫の駆除等、農地の

 適正な管理をお願いします。

  なお、農地の貸付けや譲渡を希望される場合は、地区の農業委員や農地利用最適化推進委員、または農業委員会事務局

 までご相談ください。

お問い合せ:猪苗代町農業委員会事務局 電話0242-62-5655
もどる