ホーム町民の方へ生活環境・ごみ・リサイクル し尿処理・浄化槽
最終更新日:2017年04月01日
上下水道課下水道係

浄化槽の設置補助について

下水道・農業集落排水施設の区域以外の建物に浄化槽を設置する場合は、設置に係る費用の一部を補助しています。なお、予算の範囲内(先着順)での事業となりますので、早めに各種手続きをしてください。

浄化槽イメージ

窒素及びリン除去型浄化槽について

福島県猪苗代湖及び裏磐梯湖沼群の水環境の保全に関する条例により、猪苗代湖の流域内で下水道等の認可区域外に浄化槽を設置する場合は、補助の有無にかかわらず、「窒素及びリン除去型浄化槽」の設置が義務付けられています。
↓詳しくはこちら↓
福島県生活環境部水・大気環境課のページ

補助対象となる行政区

地区名 行政区名
猪苗代地区 沼ノ倉、渋谷、長坂、川上、千貫
翁島地区 五十軒、西久保、行津桜川、翁島駅前、土田、蟹沢・長浜、戸ノ口・三本木・金子沢、不動、磐根、砂川、天鏡台温泉
月輪地区 川崎、夷田、中目、松橋、小平潟、松橋浜、田子沼
長瀬地区 内野、明戸、下舘、志津、荻窪、水沢、伯父ヶ倉
吾妻地区 小田、名家、酸川野、田茂沢、木地小屋、市沢、達沢、高森、蒲谷地、金堀
その他 行政区外(詳しくはお問い合わせください)

○記載のない行政区は、一部を除き下水道・農業集落排水施設に接続できる地区です。

補助の対象とならない場合

(1)補助金交付決定以前に浄化槽設置工事に着手している場合(先に工事をして後から申請)
(2)未供用の下水道認可区域内に浄化槽を設置する場合(下水道の区域だが、本管が整備されていない場所)
(3)合併処理浄化槽から合併処理浄化槽へ入れ替えする場合
(4)法律に基づく事前手続き(建築確認申請、浄化槽設置届出書の届出等)を行わずに浄化槽を設置した場合
(5)福島県へ浄化槽工事業の登録または届出をしていない業者が設置工事を行う場合
(6)浄化槽を継続的に使用しない場合(別荘、季節店舗、集会所等)
(7)浄化槽の排水を公共用水域に放流しない場合
(8)販売目的で浄化槽付き住宅を建設する場合
(9)年度内(4月~3月)に事業が完了しない場合
(10)町税を滞納している場合  など

補助の内容

5~50人槽まで補助しています。
建物の用途や新築、改築などの工事種別により補助金額が異なります。
詳しくは、下段の添付ファイル(PDF)をご覧ください。

補助の手続き

申込の先着順となります。浄化槽工事を行うことが決まったら、お早めに浄化槽設置整備事業費補助金希望申込書(下段添付ファイル)に必要事項を記入・押印のうえ、町上下水道課まで提出してください。
補助対象となる方には、申請書一式を郵送します。
なお、国、県の交付金・補助金を受けての予算の範囲内での補助事業ですので、ご希望に添えない場合があります。

補助金申請は、申請書到着後1ヶ月以内に行ってください。

1ヶ月以内に申請がない時は、申込が取り消しとなります。
補助を受けたい場合は、再度の申込が必要ですが、すでに町の予算に達してしまっている可能性があります。
各種事務手続きを工事業者等と綿密に打ち合わせのうえ進めてください。

猪苗代町は特別豪雪地帯です!

積雪イラスト

年度内(4~3月)の事業です。
猪苗代町は特別豪雪地帯であり、12~3月は積雪が多く、工事を行うことが困難です。
浄化槽の設置をお考えの場合はこのことを十分に考慮することが必要です。
【重要】補助金交付決定を受けての翌年度繰り越しはできませんので、設計の段階で設置希望者と工事業者間でしっかりご検討なさってください。(例:12月に着工したが思いのほか雪が多く、完成が5月になる→交付決定は取り消され、全額自費で設置となります。着工した物件は新年度に再申請することはできません。

お問い合せ:上下水道課下水道係 電話0242-62-5633
もどる