ホーム各課のページ農林課農林整備係
最終更新日:2012年04月23日
農林課農林整備係

冬眠明けのクマに注意しましょう

春は、クマが冬眠から目覚め、食べ物を求めて活発に行動します。
山菜採り等で山に入る人も増え、クマとの遭遇の危険性が高まる時期です。
山に入る場合は、クマと出会わないよう、下記のことにご注意ください。

クマの出没状況を確認し、危険な場所には近づかない。

 細心の注意をもって山に入りましょう。
 早朝や夕方は特に注意が必要です。
 日中は藪や林などの薄暗い場所には近づかないでください。

熊鈴、笛、ラジオなど大きな音を出して移動し、クマに自分の存在を知らせる。

 クマは聴覚や嗅覚が優れているため、人の接近をいち早く察知し、人を避けます。

悪天候の日は特に注意。

 雨や風、川の音、霧などにより、クマも人の気配に気づかず至近距離まで接近することがあります。

子グマを見たらそっと立ち去る。

 近くに母グマがいる可能性があります。
 母グマは子グマの危険を感じて人を攻撃することがあります。

山菜採りは周囲を確認しながら十分注意して

 山菜はクマも好物です。
 山菜の多いところにはクマもいることが多いので、足跡やフンなどを見つけたら引き返しましょう。

身近な里山でもクマは暮らしています。

 行き慣れた身近な里山でも、クマとの遭遇に注意を払うことが必要です。

情報を提供してください。

 クマを目撃した場合や痕跡を見つけた場合は、下記連絡先または町役場に連絡してください。
(「場所」、「時間」、「大きさ」、「何をしていたか」など)

お問い合せ:農林課農林整備係 電話0242-62-2116
もどる