ホームライフイベント引越・住まい新築・増改築
最終更新日:2018年02月02日
商工観光課商工観光係

猪苗代町定住促進事業補助金について

猪苗代町では、定住を促進し、人口の増加と地域の活性化を図るため、町内に転入して住宅を取得し居住する方を対象に補助を行います。

補助の対象となる方

転入世帯の世帯主で、次の条件を全て満たす方。
1 平成27年4月1日以降に転入し、転入日の前3年間において町内に住所を有していないこと。(※1)
2 転入後、5年以内に町内に対象住宅を取得し居住を開始すること。(※2)
3 取得に係る契約締結日における世帯主の年齢が満50歳未満であること。
4 本町に10年以上居住する意思があること。
5 1人以上の同居親族を有すること。
6 猪苗代町定住促進事業補助金を過去に受け取っていないこと。
7 本町及び従前の居住地において、世帯全員の市町村税に滞納がないこと。
※1 当該転入者が猪苗代町民間賃貸住宅家賃補助金交付要綱(平成27年猪苗代町告示第42号)第3条の交付対象者に該当する者である場合を除く。
※2 居住の実態がない場合、補助金は交付されません。



対象住宅

次の条件を全て満たす住宅。
1 玄関、トイレ、台所及び居室を有し、利用上の独立性を有するものであること。
2 併用住宅の場合は、居住部分の面積割合が2分の1以上であること。
3 居住用床面積が50平方メートル以上あること。
4 不動産登記を行うことが可能であること。
5 三親等以内の親族から購入したものでないこと。



補助金

1 取得に要した費用の総額(土地の取得費及び設計費を含む。) × 1/10 = 補助金
2 新築住宅取得の場合 上限50万円
3 中古住宅取得の場合 上限30万円
4 1,000円未満の端数は切り捨て。
5 猪苗代町民間賃貸住宅家賃補助金の交付を受けた方は、その補助金を控除した額となります。



県外からの移住の場合

町補助金+県補助金(町補助金と同額+地域活性化加算額10万円)
               新築住宅取得の場合 上限60万円
               中古住宅取得の場合 上限40万円
※県補助金は土地取得費を除いた額が対象となります。(※その他諸条件があります。)



補助申請の流れ

申請

対象住宅を取得した日から6か月以内に、猪苗代町定住促進事業補助金交付申請書(第1号様式)に次の書類を添付して提出してください。
1 対象住宅の工事請負契約書又は売買契約書の写し
2 居住用床面積が明らかになる図面及び計算書
3 取得した住宅の位置図及び写真(4方向から撮影したもの)
4 世帯全員の住民票の写し(全部記載のもの)
5 世帯全員の市町村税に滞納がないことを証する書類(納税証明書等)
6 誓約書(第2号様式)
7 その他、必要と認める書類

補助決定

補助金の交付が決定すると、補助金交付決定通知書が交付されます。

申請した内容を変更する場合

申請後、申請内容を変更するときは、猪苗代町定住促進事業補助金変更・中止承認申請書(第5号様式)を提出してください。

補助金の請求

入居完了の日から起算して2か月以内又は、交付決定の日の属する年度の3月31日のいずれか早い日までに、次の書類を提出してください。
1 猪苗代町定住促進事業補助金実績報告書(第6号様式)
2 猪苗代町定住促進事業補助金交付請求書(第7号様式)
3 対象住宅に係る土地及び建物の登記事項証明書の写し
4 取得に要した費用が確認できる書類(請求書・領収書等)
5 その他、必要と認める書類

補助金の交付

請求書に記載いただいた口座に補助金が振り込みになります。



猪苗代町ではじめよう田舎暮らし!

猪苗代町では、定住促進のため移住希望者へ「町の概要」、「就業」、「住居」等を総合的に案内する総合情報サイトを設置しました。
是非「猪苗代町ではじめよう田舎暮らし!」もご覧ください。



お問い合せ:商工観光課商工観光係 電話0242-62-2117
もどる