猪苗代町の文化財

■第63回文化財防火デー火災防禦訓練開催について


 1月26日は、法隆寺金堂壁画が消失した日(昭和24年)に当たり、この日を「文化財
防火デー」と定められています。
 文化財を火災、震災その災害から守るため、全国的に文化財防火運動を展開し、国民一般
の文化財愛護に関する意識の高揚を図ることを目的としています。
 猪苗代町においても、町や町教委、猪苗代消防署などの主催により平成29年1月22日
(日)に百目貫の公孫樹及び地蔵菩薩堂において、第63回文化財防火デー火災防禦訓練を
開催しました。
 百目貫地区による文化財搬出訓練、初期消火訓練さらに消防署の指導によると消防団 の消
火訓練が迅速に行われました。
 最後に前後公猪苗代町長より『今後も住民共有の財産を守り伝えていく責務をはたしてほ
しい』と講評を述べました。
※参集者 140名



         会津藩主松平家墓所(国指定史跡)

■猪苗代町は文化財の宝庫です!
 私たちが暮らす猪苗代町は、古来より豊かな自然環境に恵まれながら多くの人々が居住し、
社会や文化を育成してきた地域です。ここには史跡や天然記念物、埋蔵文化財など数多くの
文化財がみられ、昭和25年に制定された文化財保護法や町条例によって、その保存と管理・
活用が図られてきました。
 現在町内には会津藩主松平家墓所や見祢の大石などの国指定文化財が11件、観音寺石造
宝篋印塔や紙本墨書猪苗代兼載書八代集秀逸などの県指定文化財が12件、旧山内家住宅や
三忠碑などの町指定文化財が39件あり、さらに大神遺跡や観音屋敷遺跡などの埋蔵文化財
の登録は、149ヶ所に及んでいます。
○指定・登録文化財一覧表はこちらから
○猪苗代町文化財探検マップ「磐椅王国」はこちらから


生涯学習課メニュー

体験交流協会メニュー

文化財の写真


小平潟天満宮本殿(町指定重要文化財)


磐椅神社と鳥居杉(町指定天然記念物)


平盛胤の墓(町指定史跡)

リンク - Links -

 ■猪苗代町役場
 ■猪苗代観光協会
 ■カメリーナスポーツクラブ
 ■福島県文化センター
 ■国立磐梯青少年交流の家
 ■ばんだいさん・ドット・ネット